トップページ > 学術集会 > 過去の学会情報

過去の学会情報

第12回嚥下研究会プログラム

期 日 1992年2月8日
会 場 エーザイ株式会社別館会議室(東京都)
会 長 井上鐵三(防衛医科大学校耳鼻咽喉科)
内 容

1.喉頭摘出者の嚥下状態の新しい評価方法の試み
吉野邦英 他

2.嚥下障害の検査法 ―嚥下無呼吸時間(SAT)について―
宮崎洋 他

3.遊離組織移植による口腔再建例における
嚥下の1期(口腔期)の評価

佐藤博信 他

4.逆流性食道炎における嚥下機能と超音波内視鏡による評価
西嶌渡 他

5.嚥下中枢に関する
LSEP(Laryngeal Sensory Evoked Potential:喉頭知覚誘発電位)の分析

福山つや子 他

6.PS-77音声機能検査装置を利用した嚥下機能の評価法
渡邉宏 他

7.重症筋無力症の嚥下機能 ―テンシロンテスト前後を中心に―
森敏博 他

8.先天性輪状咽頭嚥下困難症の1例
稲木匠子 他

9.嚥下障害のリハビリテーションにおける 肺理学療法の意義
伊藤裕之 他

10.喉頭微細手術下における声門閉鎖術
田山二朗 他

11.嚥下障害に対する喉頭閉鎖術の適応
大前由紀雄 他

第11回嚥下研究会プログラム

期 日 1986年3月1日、2日
会 場 ホテルキャッスルプラザ(名古屋市)
会 長 棚橋 汀路(名古屋大学分院耳鼻咽喉科)
内 容 T.主題

1.舌癌および口腔底癌症例の術後の嚥下機能
渡邊 宏 他

2.口腔癌術後の嚥下機能
佐藤公則 他

3.舌癌症例の術後の嚥下機能
山下弘之 他

4.口腔腫瘍切除後、遊離皮弁による再建例における嚥下機能について
吉野邦英 他

5.中咽頭癌術後の嚥下機能
黒岩泰直 他

6.喉頭部分切除術後の嚥下機能
福井康二 他

7.胸部食道癌根治術後遠隔時の誤嚥の臨床的検討
―とくにリンパ節拡大郭清例について―

吉田 操 他

8.胸部食道癌術後にみられる誤嚥の発生機序と
その対策についての検討

町村貴郎 他

U.一般演題

9.嚥下障害における嚥下機能の代償
―嚥下障害の改善に伴う嚥下圧変化―

大前 由紀雄 他

10.70歳以上の老人における嚥下動態
部坂弘彦 他

11.頸髄損傷と誤嚥
伊藤裕之

12.嚥下困難をきたした多発性筋炎の4例
森 敏裕 他

第10回嚥下研究会

主 題 (1)食道癌術後の嚥下機能と問題点
(2)嚥下障害
期 日 1990年2月17日
会 場 都立駒込病院・別館講堂(東京都)
会 長 吉田 操(都立駒込病院外科)
内 容

1.胸部食道癌術後にみられる誤嚥の発声機序とその対策についての検討
町村貴郎 他

2.食道癌術後の嚥下障害に対する治療
黒岩泰直 他

3.遊離空腸移植後の嚥下機能に関する検討
吉野邦英 他

4.X線側面透視下における嚥下圧
部坂弘彦

5.神経疾患における嚥下圧波形の伝搬について
山下弘之 他

6.嚥下プログラム破壊による嚥下障害の2例
森 敏裕 他

7.パーキンソン氏病における嚥下障害
前山忠嗣 他

8.輪状咽頭筋緊張症にて輪状咽頭筋切断術を施行した1例
窪田徳幸 他

9.嚥下障害例におけるフィーディング・チューブの自己管理
伊藤裕之

第9回嚥下研究会

主 題 咽頭・食道透視の工夫ならびにその評価法
期 日 1989年2月18日
会 場 松山市総合コミュニティセンター(松山市)
会 長 丘村 煕(愛媛大学耳鼻咽喉科)
内 容

1.嚥下障害症例の造影剤の検討
 山下弘之 他

2.固形造影剤の試作とその嚥下動態
 稲木匠子 他

3.バリウム寒天造影剤による嚥下障害例の観察
 堀口利之 他

4.食道機能検査の試み −Acid barium swallow test−
  田中英一

5.特殊炎症性疾患における食道透視とCT画像との比較評価
  渡邊 宏 他

6.放射線照射治療例における唾液分泌の検討
  宮崎 洋 他

7.多発性筋炎による嚥下障害の1例
  森 敏裕 他

8. 脊髄小脳変性症の嚥下障害の管理
  伊藤裕之 他

9.脳腫瘍術後の嚥下障害の1例
  前山忠嗣 他

10.中咽頭癌術後の嚥下機能
  黒岩泰直 他

第7回嚥下研究会

主 題 嚥下障害のX線検査
期 日 1987年2月28日
会 場 佐賀東急イン(佐賀市)
会 長 進 武幹(佐賀医科大学耳鼻咽喉科)
内 容

1.食道癌術後嚥下第2期運動機能: X線検査による再建術式別検討
 高木 巌 他

2.嚥下障害のX線学的所見 −輪状咽頭筋切断術が奏功した1例−
 山下弘之 他

3.嚥下障害のX線シネによる検討
 柳内 統 他

4.VTRによる嚥下障害の検討
 永雄 裕美子 他

5.脳血管障害による嚥下障害と運動性構音障害について
 吉田哲二 他

6.喉頭挙上と嚥下障害
 渡辺 宏 他

7.咽頭二重造影法の検討
 稲木匠子 他

8.レーザーディスクによる嚥下のX線検査法
 前山忠嗣 他

9.嚥下障害のX線透視検査記録の試案
 棚橋 汀路 他

第6回嚥下研究会

主 題 輪状咽頭筋切断の評価
期 日 1986年3月1日、2日
会 場 ホテルキャッスルプラザ(名古屋市)
会 長 棚橋 汀路(名古屋大学分院耳鼻咽喉科)
内 容

1.輪状咽頭筋切断術の適応
  小宮山 荘太郎 他

2.輪状咽頭筋切断術を行ったWallenberg 症候群の1症例
  前山忠嗣

3.輪状咽頭筋切断術の評価
−嚥下困難を主訴としたOculopharyngeal muscular dystrophyならびに重症筋無力症について−

  吉田義一 他

4.輪状咽頭筋切断術の適応
―X線透視と筋電図の同時記録による研究―

  吉田哲二 他

5.輪状咽頭筋切断術の評価
  丘村 煕

6.嚥下圧曲線と輪状咽頭筋切断術
  森 敏裕 他

7.食道癌切除後の反回神経麻痺
  高木 巌 他

以後の学会情報

入会案内 学術集会 学会誌 嚥下医学のご案内
日本嚥下医学会事務局
福岡市早良区百道浜1-7-5
Tel:092-834-4360
Fax:092-834-4351
お問い合わせ
このページの上部へ