トップページ > 学会について

学会について

日本嚥下医学会とは

日本嚥下医学会は嚥下に関する諸問題を解決するために1981年に嚥下研究会として結成されました。メンバーは耳鼻咽喉科医、外科医、内科医,リハビリテーション医やOT、ST、PTなど広く門戸を開放しています。

研究の対象は嚥下の病態生理に関する基礎的なテーマから嚥下障害の診断と治療といった臨床的な問題まで幅広いジャンルを網羅しています。年に1回総会を行い演題を募集しておりましたが、第19回から日本気管食道科学会のサテライトシンポジウムとなり、第20回から日本嚥下研究会と名称を改めました。さらに平成16年からは日本気管食道科学会から独立し、会則を改め名称も日本嚥下医学会と改称することになりました。

事務局
〒814-0001 福岡市早良区百道浜1-7-5
Tel:092-834-4360 Fax:092-834-4351
お問い合わせ :enge@swallowing.jp

理事長挨拶

理事長 兵頭政光(高知大学医学部耳鼻咽喉科)

この度、日本嚥下医学会の理事長を拝命しました。大変光栄なことであると同時に,本学会の歴史の重みと責任の大きさを痛感しています。

本学会の歴史は古く、私が医師になる以前の1981年に発足した嚥下研究会に始まります。当時、嚥下に興味を持っていた先達の先生方が、嚥下の基礎的・臨床的課題について泊まり込みで夜遅くまで熱心な討議を行ったと聞いています。当初は耳鼻咽喉科医が中心の会でしたが、嚥下障害は多科・多職種の協働なくしては成り立たないこと、および医療の現場で嚥下障害に対する診断・治療の重要性が急速に増してきたことから、2004年に日本嚥下医学会に発展的に改組され現在に至っています。会員もリハビリテーション科医、神経内科医、呼吸器内科医、消化器外科医、消化器内科医、言語聴覚士、看護師、管理栄養士などが加わり、現在では1,000名を超える学会になっています。藤島一郎先生前理事長のご尽力もあって、学会誌「嚥下医学」を会員に配布するだけでなく書店でも購入できるようにするなど、本学会の活動を医療関係者だけでなく社会にも広くアピールしているところです。

嚥下障害は超高齢社会を迎えた今日、医療的にも社会的にも大きな問題となっていますが、周産期医療の発展もあって、小児の嚥下障害も問題となるなど、その裾野は多方面に及びます。これらの患者さんが“口から食べる喜び”を取り戻し、健やかな生活をおくることができるように、本学会としてもリハビリテーションや外科的治療などを通して支援しています。また、新たな診断技術や治療法の開発に向けても会員の先生方により精力的な研究がなされています。これらの取り組みには嚥下器官の解剖や機能、嚥下運動の生理などの基盤的知識が不可欠であり、長年にわたる研究活動を積み重ねてきた本学会の役割は大きいと考えています。

本学会が今後さらに発展し社会にその成果を還元するためには、更なる会員の増加と会員相互の密な連携が必要です。理事長として、微力ながらこれらに取り組んで参りたいと思いますので、会員の皆さまには一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

>>歴代理事長挨拶はこちら

入会案内 学術集会 学会誌 嚥下医学のご案内
日本嚥下医学会事務局
福岡市早良区百道浜1-7-5
Tel:092-834-4360
Fax:092-834-4351
お問い合わせ
このページの上部へ