トップページ > 学会について

学会について

日本嚥下医学会とは

日本嚥下医学会は嚥下に関する諸問題を解決するために1981年に嚥下研究会として結成されました。メンバーは耳鼻咽喉科医、外科医、内科医,リハビリテーション医やOT、ST、PTなど広く門戸を開放しています。

研究の対象は嚥下の病態生理に関する基礎的なテーマから嚥下障害の診断と治療といった臨床的な問題まで幅広いジャンルを網羅しています。年に1回総会を行い演題を募集しておりましたが、第19回から日本気管食道科学会のサテライトシンポジウムとなり、第20回から日本嚥下研究会と名称を改めました。さらに平成16年からは日本気管食道科学会から独立し、会則を改め名称も日本嚥下医学会と改称することになりました。

事務局
〒814-0001 福岡市早良区百道浜1-7-5
Tel:092-834-4360 Fax:092-834-4351
お問い合わせ :enge@swallowing.jp

理事長挨拶

理事長 梅崎俊郎

只今準備中です

COVID-19対策 嚥下障害診療指針

>>歴代理事長挨拶はこちら

入会案内 学術集会 学会誌 嚥下医学のご案内
日本嚥下医学会事務局
福岡市早良区百道浜1-7-5
Tel:092-834-4360
Fax:092-834-4351
お問い合わせ
このページの上部へ